免疫細胞療法

動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする「免疫力」という自然治癒力が備わっており、体内にできたがんや体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃します。免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫力を利用したり、免疫力を高めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。

免疫細胞療法

動物には病気や怪我に対して自分で治そうとする
「免疫力」という自然治癒力が備わっており、
体内にできたがんや体の中に侵入した細菌やウイルスを攻撃します。
免疫細胞療法は、このような生まれつき備わっている免疫力を利用したり、
免疫力を高めたりすることで、がんの発症や進行を抑える治療方法です。

がんに対する新しい治療として注目

がんの治療は
1. 外科手術
2. 化学療法(抗がん剤療法)
3. 放射線療法
の三大療法がこれまで主流を占めてきました。

これに継ぐ第4の療法として、がん治療特有の苦痛を伴わず生活の質の改善を高める治療法として、免疫細胞療法は世界中で研究され、臨床的な効果が得られる治療法になりました。
現在、免疫細胞療法は四番目のがん治療法として、三大療法と併用することでさらなる治療効果があることが期待されている治療法です。
当院では、従来から行っているヒトの丸山ワクチンの原理を利用した免疫療法に加え、犬キラーセル療法を行っております。
なお、がん治療で重要なことはがんを全滅させることです。愛犬との日頃のスキンシップを大切にし、気になる点があれば獣医師に相談しましょう。

犬キラーセル療法とは

期待できること/メリット

  • どんな種類のがんでも攻撃します。
  • 性質を変えながら増殖する転移がんも攻撃します。
  • 全身に散らばる「小さながん」をより特異的に攻撃します。
  • 患者自身の血液を使って治療するので副作用がほとんどありません。

理解していただきたいこと/デメリット

  • 「大きながん」を一度に小さくすることはできません。
  • テーラーメイドの培養となるため、時間とコストがかかります。

治療を受けるにあたっての注意

NK細胞療法(後述します)を受けるにあたって、治療方法や考えられる副作用、治療にかかる費用などについて担当の獣医師から詳細な説明を受けてください。

NK細胞とは

ナチュラルキラー細胞(NK細胞)は『生まれながらの殺し屋』という名前の通り、常に血流に乗って体内を巡回し、がん細胞など異常な細胞を発見すると、即座に攻撃を仕掛けて殺傷する細胞です。 患者さんの血液から採取したリンパ球の中から、NK細胞を大量に培養し、点滴でお戻しする治療が「NK細胞療法」です。

  • 治療の流れ

    患者さん(ワンちゃん)から血液を約10-12ml採取して治療を行います。採取した血液からNK細胞を回収し、特別な培地で増殖・活性化してから注射や点滴で体内に戻します。