ペットドッグ(定期健診)

病気の早期発見・早期治療のために、ペットドックを実施しています。
視診や触診、聴診などの一般検査から尿検査、便検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査と多角的な検査を実施し、病気を早期に発見します。もしも検査で何か異常な数値が出たら、より詳しい検査を行い、何の病気に起因しているのかをしっかりと診断。飼い主様とともに治療方針を話し合っていきます。
ペットドックは予約制です。
午前の診察時間に来院していただき、午後の診察時間にお迎えに来ていただきます。

ペットドッグ(定期健診)

病気の早期発見・早期治療のために、ペットドックを実施しています。
視診や触診、聴診などの一般検査から尿検査、便検査、血液検査、
レントゲン検査、エコー検査と多角的な検査を実施し、病気を早期に発見します。
もしも検査で何か異常な数値が出たら、より詳しい検査を行い、
何の病気に起因しているのかをしっかりと診断。
飼い主様とともに治療方針を話し合っていきます。
ペットドックは予約制です。午前の診察時間に来院していただき、
午後の診察時間にお迎えに来ていただきます。

ペットドック受診の間隔

    犬や猫は人間の4倍早く年を取ると言われます。年を取るのが早い分、病気の進行も早いのです。
    人間ドックを3、4年に1度受ける、と考えると、犬や猫は若いうちは1年に1回程度、7〜8歳以降のシニアになったら、年に2回が理想です。

    検査を受ける飼い主様へ

    検査前12時間は、お水のみを与え、絶食としてください。便と尿は当日排泄したものをご持参ください。検査を極端に嫌がる場合は、鎮静剤が必要となる場合があります。その際は当日ご相談させていただきます。

検査内容・費用

お手軽検診

料金:10,000円(結果は当日ご報告)
内容:な臓器(肝臓・腎臓)にターゲットを絞って行う全身検査。簡易的な健診となります。

検査項目 内容
身体一般検査 視診、聴診、触診
尿検査/便検査 一般性状・顕微鏡検査
血液検査 血球検査
赤血球
白血球
血小板
生化学検査血液検査
血糖値
肝臓
腎臓
総タンパク
レントゲン検査 胸部・腹部

PET DOCKスタンダード

料金:20,000円(結果は後日ご報告)
内容:全身臓器の状態をエコーや血液検査により詳しく把握する全身検査。病気の初期の発見が期待できます。

検査項目 内容
身体一般検査 視診、聴診、触診
尿検査/便検査 一般性状・顕微鏡検査
血液検査 血球検査
生化学検査を含む全身フルスクリーニング
SDMA(腎機能マーカー)
レントゲン検査 胸部・腹部
腹部エコー検査 主要臓器全般

PET DOCKハイクラス

料金:40,000円
内容:高齢期に多い甲状腺ホルモン疾患や心・腎疾患もカバーした精密検査です。

検査項目 内容
身体一般検査 視診、聴診、触診
尿検査/便検査 一般性状・顕微鏡検査
血液検査 血球検査
生化学検査を含む全身フルスクリーニング
NP-proBNP測定(心臓病マーカー)
SDMA(腎機能マーカー)
T4測定(甲状腺ホルモン)
レントゲン検査 胸部・腹部
腹部エコー検査 主要臓器全般
心臓エコー検査 心構造検査・血流測定

オプション

簡易心エコー検査(猫)
猫では無症状の肥大型心筋症を持っていることがあるので、全コースで簡易な心エコー検査も行います。

検査項目 内容 費用
眼科検査 スリット検査
眼底検査
1,500円
1,500円
簡易心エコー検査(猫) 猫では無症状の肥大型心筋症を持っていることがあるので、
全コースで簡易な心エコー検査も行います。

飼い主様へお願い

検査前12時間は食事を与えないでください。水は飲んでも構いません。
エコー検査に毛刈りが必要となる場合があります。検査の精度を上げるため、ご理解・ご協力をお願いいたします。便・尿は当日排泄したものを持参してください。持参していただけない場合、検査できない事があります。
動物の性格によっては鎮静が必要になる場合があります。鎮静剤使用の有無に関しては、当日ご相談させていただきます。